「先週の結果分析」のコーナーです。
各競馬場の馬券圏内に来た騎手の成績を振り返ってみましょう

2月28日日曜日の結果を振り返りたいと思います


小倉競馬場の成績

20160228-kokura


貪欲に勝利へ!先行策が冴え渡る藤岡佑介

昨日の先行策が冴えていたのが北村友一騎手なら、この日は藤岡佑介騎手でしょう。2勝を挙げる活躍はいずれも2番手追走と絶好のポジションを確保できたのが非常に大きかったようです。長期休養から復帰後は昨年に比べるとややペースこそ落ちてはいますが、しっかりと勝ち星を積み上げています。
区切りの600勝が3月中に達成できそうな位置まで押し上げてきました。

  日曜成績=   2- 0- 1- 3/ 6   勝率33.3%  連対率33.3%  複勝率50.0% 
 

芝で虎視眈々の2勝、津村明秀の本領発揮!

7Rでは過怠金を課せられる事にはなりましたが、この日のひと際存在感を放ったのは津村明秀騎手。先行有利な芝コースのバイアスを苦にせず、脚を溜めて勝てる戦法は威力満点。上位人気馬をキッチリと人気に応える騎乗で、来週以降さらに勢いに乗っていけそうな気配すら感じさせました。

  日曜成績= 2- 0- 0- 7/ 9   勝率22.2%  連対率22.2%  複勝率22.2% 
 

今季初勝利で勢い加速?木幡初也が大暴れ

先週までは未勝利でいた木幡初也騎手ですが、弟のデビュー前に存在感を見せつけて1勝に3着1回とパーフェクトな戦績を残してくれました。複勝回収率は865を記録する破壊力も、今後更なる進化を遂げてもらいたいところです。
昨年に比べると連対率が伸びてきませんが、複勝率は13%台と昨年を2%以上も上回っており、今後も馬券圏内を目指してチャンスを手繰り寄せてくれそうです。

  日曜成績=  1- 0- 1- 0/ 2   勝率50.0%  連対率50.0% 複勝率100.0%   


本日のビグブルマン  二本柳壮騎手

今年の小倉開催で初勝利を挙げた騎手が多い中、普段からあまり多くの依頼は無い馬主から起用されて闘志が燃え上がるケースはあるでしょう。その中でもこの日注目したいのは二本柳壮騎手。
キャロットファームの勝負服を身に纏い、6Rのピエリーナを見事に勝利へ導きました。リーディング上位の厩舎から依頼を受けた場合は、かなりの高確率で馬券に絡むだけでなく、キッチリと勝っていると言う点でも今後も目が離せない存在になりそうです。

  日曜成績=   1- 1- 0- 3/ 5   勝率20.0%  連対率40.0%  複勝率40.0% 



阪神競馬場の成績

20160228-hanshin

全レースで掲示板!川田将雅が怒涛の快進撃

非の打ちどころが無い程の大活躍を見せてくれた川田優雅騎手、この日は全8鞍が掲示板内と快進撃が止まりません。特にダート戦では後方一気で上がり最速を叩き出す戦法が炸裂するなど、前に行って良し・差して良しと非常に頼もしい活躍でした。この勢いは一体どこまで続いてくれるのでしょうか。
 
  日曜成績=  3- 0- 3- 2/ 8   勝率37.5%  連対率37.5%  複勝率75.0% 


相変わらずの強固なラインを顕示!四位洋文

この日は昆貢厩舎の3頭に騎乗し、勝利を挙げるなど活躍した四位洋文騎手。阪神の芝で外目を回していく騎乗スタイルも復帰前と変わらず、玄人好みのスピードを生かした騎乗を見せてくれましたが、圧巻は2Rの未勝利戦。
ズブさを見せる馬を内側で追い通し、一旦は交わされた馬に喰らいついて内から盛り返す、芸術的なレース捌きで3着に押し上げてくれました。この騎乗が今後の活躍でも見られるようなら、今まで以上に馬券でも貢献してくれそうです。

  日曜成績=
 1- 0- 1- 1/ 3   勝率33.3%  連対率33.3%  複勝率66.7% 


例年以上の好調を維持、中村将之が障害戦で勢いに乗るか

4Rの障害未勝利戦で2着に粘ったヤマニンブルジョンに騎乗していたのは中村将之騎手。障害の飛越が低く危ない場面もありましたが、スタミナが尽きかけたところから内で粘り、ハクユウドルフィンとの叩き合いを制したあたりに、例年以上の成績を残す好調さが表れています。
昨年よりも多い勝ち星を挙げて行けそうなこの勢いを、来週以降に繋げられるでしょうか。

 
  日曜成績=  0- 1- 0- 0/ 1    勝率0.0% 連対率100.0% 複勝率100.0% 


本日のビグブルマン  武幸四郎騎手

この日は馬券圏内に届かない惜しい競馬が続き、4着が2回と歯痒い内容ではありましたが、1回阪神開催で存在感を示してくれそうな予感をしっかりと示してくれました。
あまりにも惜しい着差ではありましたが、シェイクモハメド殿下の所有馬で成績を収めている勢いそのままに、阪急杯で4着に好走させたあたりは、流石のひと言。
デビュー週から重賞騎乗を果たし、阪神競馬場で初勝利を重賞で飾った武幸四郎騎手です。この阪神開催で更なる活躍に期待したいところです。

   
日曜成績=  1- 0- 1- 9/11    勝率9.1%   連対率9.1%  複勝率18.2% 



中山競馬場の成績

20160228-nakayama



リーディング争いをハイレベルに牽引、戸崎圭太1日4勝!

昨年中山競馬場で54勝を挙げたリードが大きくリーディングジョッキーに輝いた戸崎圭太騎手ですが、この日も得意の中山で大暴れ。昨年以上のハイペースで勝ち星を量産していますが、この日は1日で4勝と荒稼ぎ。M.デムーロ騎手なども参戦する中でキッチリと勝ち星を積み上げたあたりに、今後もリーディング争いを牽引して行きそうな勢いを感じさせました。

  
日曜成績=  4- 1- 1- 3/ 9   勝率44.4%  連対率55.6%  複勝率66.7% 


いよいよ最多勝浮上!2勝以上の存在感、C.ルメール

4Rの500万下ではファンドレイサーを大外から一気に追い込ませるなど、一日を通して活躍が光ったC.ルメール騎手。メインの中山記念でも、手の合うアンビシャスの豪脚を引き出し古馬戦線での活躍が期待できる力を強烈にアピール。
この日の2勝でリーディング争い首位に浮上するなど勢いは止まりそうにありません。

  
日曜成績= 2- 2- 4- 2/10   勝率20.0%  連対率40.0%  複勝率80.0% 


中山芝はやはり得意!福永祐一、状態は上向き

中山遠征時は数少ないチャンスで結果を出してきている福永祐一騎手。メインの中山記念こそ惜しくも3着に敗れはしましたが、キッチリと馬券圏内に入るあたり、中山芝コースの適性は相変わらず高いようだと、印象付けるに十分でした。
復帰後ここまでは、芝のレースでフルゲートで無ければチャンスを生かしていける傾向があるだけに、上向いている状態を春のシーズンにぶつけてもらいたいところです。

  
日曜成績=  0- 1- 1- 1/ 3    勝率0.0%  連対率33.3%  複勝率66.7% 


本日のビグブルマン  大庭和弥騎手

近年は「穴の大庭」として、人気薄の馬でアッと言わせる活躍が目立つ大庭和弥騎手。数少ないチャンスを無駄にせず、最後まで諦めない姿勢で今年初の2着入線を果たしました。
連対率や複勝率は昨年を上回っており、いよいよ「穴の大庭」の仕事ぶりが威力を増してきそうです。

  
日曜成績=  0- 1- 0- 2/ 3    勝率0.0%  連対率33.3%  複勝率33.3% 



CS放送のプロ野球ニュースじゃありませんが、「play of the day」の発表です
270104490_640

そして、本日のPlay of the Day(ベストプレー賞)は

 中山4R(3歳500万下) 3着 ④マイティーゴールド 戸崎圭太騎手


この日は4勝を挙げる活躍が目立ちましたが、負けたレースの中にリーディングジョッキーになった実力を垣間見せてくれたシーンがありました。3Rは未勝利戦の1番人気で少々キツいめの流れを終始先行した為に、最後は交わされて3着に敗れてしまいましたが、最後まで粘り強く脚を伸ばした点を評価したいと思います。
デビュー勝ちを果たした前走は、道中でもハミの抜け具合が良くなかったので、かなり力んで走っていた課題を見事に進歩させました。リラックスさせて走らせていた為、クラスが上がっても最後まで好走させる要因になったのは言うまでもありません。
直線での力強い追いだけでなくレースでの様々な要素を、戸崎騎手は味方にするための技術を存分に出してくれる点が、今季の好調を下支えしていると言える一戦でした。
例え重賞を多く勝てなかったとしても、最後までリーディング争いに加わってくれそうな騎乗テクニックを、今後も注目して行きたいと思います。