2月21日に行われるGI、フェブラリーステークス 2016 の騎手データ特集です。

第二弾は、JRA所属の外国人騎手。今回も有力馬に騎乗するルメール騎手と、M.デムーロ騎手。
この二人の比較を行いたいと思います。
データは特に注釈が無い限り、2010年1月以降のデータです。


全ての成績で比較してみましょう

何はともあれ、二人の騎手がダートでどのような競馬をしてきたのか。
まずは、ざっくりと全体の成績を見てみましょう。

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール104-81-70-346/60117.30%30.80%42.40%7185
M.デム95-88-79-428/69013.80%26.50%38.00%8379

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール270万円162376万円5.4着13.50%11.60%
M.デム227万円156913万円5.9着12.80%11.40%

当然と言えば当然ですが、ルメール騎手が一歩と言うより二歩リードです。
ただしルメール騎手は人気馬に乗る事が多いので、回収率と言う点を追求するともともと旨みの少ない騎手ではあります。


いろんなフィルターを掛けまくってみます!

さて、ここからが本題です。
GIなんでいつもよりデータをバシバシ出して行きます。

未勝利からGIまでトータルで考えると、ルメール騎手のリードは揺らぎません。
そうなると皆さんが考えそうな同じだと思います。


ルメールで本当に決まりなの???

そうですよね。そうなんです。
ノンコノユメは強いですけど、死角は無いのか?って事です。

結論は後にしまして、先にデータをジャンジャン並べて行きます。


特別戦に限定すると、M.デムーロが巻き返す

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール17-14-15-90/13612.50%22.80%33.80%7775
M.デム21-16-14-99/15014.00%24.70%34.00%11186

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール539万円73350万円6.3着10.30%11.00%
M.デム463万円69559万円6.3着10.70%9.30%

勝利数が逆転、ここ最近の活躍で実はM.デムーロ騎手の巻き返しが起きています。平場のレースでも固め打ちをしているのですが、特別戦でも勢いは陰りません。1着を狙いに行く姿勢がより鮮明になっています。


重賞に限定すると、M.デムーロが美味しい

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール5-3-0-11/1926.30%42.10%42.10%14288
M.デム1-1-2-11/156.70%13.30%26.70%442112

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール1950万円37050万円6.5着15.80%0.00%
M.デム1166万円17490万円6.9着6.70%13.30%

重賞の舞台ではさすがにルメール騎手も気合が入ります。しかし、一発の妙味もあるのはM.デムーロ騎手。より堅実に複勝で馬券を稼ぐとしたら、やはりM.デムーロ騎手の勢いを取ってみたくなります。


馬場が渋ると、僅差ながらM.デムーロが優勢

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール10-8-13-57/8811.40%20.50%35.20%54101
M.デム13-27-15-90/1459.00%27.60%37.90%5376

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール147万円12989万円5.8着9.10%14.80%
M.デム169万円24513万円6.2着18.60%10.30%

馬場が重馬場・不良馬場になるとこのような成績。おそらくノンコノユメ陣営は、降水量が心配の種でしょう。
気温が高くなる日曜日に重馬場や不良馬場でGIを開催する確率は低いですが、万が一含水量が高いままだとルメール騎手としてはかなり厄介な条件になります。
(はい、厄介になりましたね)


条件をダート1400~1700mに限定する

本来ならここで特集は終わる所でしたが、ダート1200mやダート1800mの成績もごっちゃになっているデータだけでは物足りないと考えまして、出血大サービス。

今回はダート1400~1700mの成績も掲載します。


未勝利からGIまで全成績

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール48-39-26-120/23320.60%37.30%48.50%8890
M.デム26-21-29-147/22311.70%21.10%34.10%7067

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール304万円70866万円5.0着16.70%11.20%
M.デム198万円44360万円6.4着9.40%13.00%

距離を限定すると、差がグッと開きます。見た目以上にルメール騎手が人気するのは仕方の無い事です。
しかし、これは未勝利の成績も反映されて居ます。


準OP以上に限定する

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール7-6-3-13/2924.10%44.80%55.20%182125
M.デム2-4-4-21/316.50%19.40%32.30%5461

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール891万円25850万円5.3着20.70%10.30%
M.デム412万円12794万円6.8着12.90%12.90%

なんだか、さらに酷い事になってしまいました…。とは言え、ルメール騎手が信頼に足りるだけの成績を残してきた事が分かりました。M,デムーロ騎手にとっては相手が悪かったと言う事になるのでしょう。


準OP以上で良馬場とそれ以外

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
良馬場ルメール4-2-2-9/1723.50%35.30%47.10%237108
梢重以上ルメール3-4-1-4/1225.00%58.30%66.70%104149
良馬場M.デム1-3-0-16/205.00%20.00%20.00%1533
梢重以上M.デム1-1-4-5/119.10%18.20%54.50%125112

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
良馬場ルメール712万円12110万円6.1着11.80%11.80%
梢重以上ルメール1145万円13740万円4.3着33.30%8.30%
良馬場M.デム391万円7824万円7.8着15.00%0.00%
梢重以上M.デム451万円4970万円5.0着9.10%36.40%

おやおや、あれほどの差があったにもかかわらず、馬場が渋ると様子が変わってきました。
流石に逆転まではしませんが、M.デムーロ騎手の複勝率が一気に伸びます。こうなると午後からの雨が恵みの雨となりそうな気がしてきます。


準OP以上で梢重に限定する

騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ルメール3-4-0-4/1127.30%63.60%63.60%113136
M.デム1-0-2-3/616.70%16.70%50.00%230123

騎手1走当賞金賞金合計平均着順2着率3着率
ルメール1205万円13260万円4.5着36.40%0.00%
M.デム476万円2860万円5.8着0.00%33.30%

遂にM.デムーロ騎手に活路が見出されたようです。着度数ではさすがに敵わないですが、適度に渋った馬場なら成績は改善されます。
着順を考えるならノンコノユメ→モーニンと言う組み合わせになるでしょうか。


メールマガジンで、この二人をジャッジします!


実は、メールマガジンを試験的に発刊する事になりました。

星の評価に行く前に、本家●シュランガイドも覆面調査をしております。
美味いか、不味いか、サービスはどうなんだとか・・・

キシュランガイドも同じように?覆面調査をしてみたらいろんな情報が出てきました

例えばですが、

実は人気の●●●●●●●●は、××××な展開になるともう白旗!
とか

人気薄の●●●●●●●が勝負を度外視で、人気馬の××××××××を潰しにかかりにいく
など

今回はルメール騎手と、M.デムーロ騎手の取り扱いを含めて、スポーツ新聞では絶対書けない得ダネ情報をお出しします。
メールマガジンはコチラから登録できます
(2月21日 午前9時頃配信の予定です)